INFORMATION SCHEDULE旧お知らせ・スケジュール

8月29日 辺野古過剰警備緊急行政交渉のお知らせ

沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設のためのボーリング調査強行をめぐって、市民の抗議行動に対して海上保安庁が過剰警備を行っている問題で、緊急の行政交渉を下記の日程で開きます。たくさんの皆さんの参加をお待ちしております!

            記

日   時: 8月29日(金)14:00~15:00
場   所: 参議院議員会館 B109会議室
出席省庁: 防衛省、海上保安庁                                     

 沖縄県名護市辺野古における米軍新基地の建設に向けたボーリング調査強行に反対する抗議行動に対して、海上保安庁が極めて過剰な警備を行い、問題となっています。
 カヌーによる平和的抗議行動を行う市民たちに対して、海上保安官がカヌーから無理やり引きずり降ろしたり、羽交い絞めにするなど、暴力的対応をとっているのです。
 戦争と基地を拒み、平和を求めるウチナンチュの声を問答無用に弾圧する日本政府のこのような行為は、民主主義国家にあるまじき暴挙であり、断じて許されません。
 日本政府はまた、米軍キャンプ・シュワブの第一ゲート前においても、「泥引き防止」を口実に、わざわざ特注でつくらせた"殺人鉄板"を敷設してまで、抗議行動を排除して、国内外から大きな批判を受けています。
 そこで、日本政府に対してはっきりと抗議し、このような不当な弾圧を直ちに止めさせるために、防衛省と海上保安庁を相手に、緊急の行政交渉を開きたいと思います。
 辺野古への基地建設を絶対に許さず、平和な沖縄を取り戻すため、たくさんの市民、メディアの皆さんの参加をお待ちしております。

 チラシは以下からダウンロードできます。拡散にご協力ください!

8月29日 辺野古過剰警備緊急行政交渉チラシ(PDFファイル)

連絡・問い合わせ:福島みずほ事務所(03-6550-1111)


MENU