INFORMATION SCHEDULE旧お知らせ・スケジュール

お知らせ イベント

大逆事件と誤った処刑 院内集会

昨年1月24日、私たちは、「大逆事件百年後の意味」と題した院内集会を行ないました。

大逆事件とは、自白強要などがあり、証人申請が全く認められない中で、1910年12月10日に裁判が始まり、1911年1月18日に判決が出るという大審院一審だけのスピード裁判です。

判決からわずか6日後の1911年1月24日の日に、幸徳秋水たち11人が処刑され、菅野スガは翌1月25日に処刑、12人が無期懲役になりました。

この大逆事件は、冤罪、表現の自由、民主主義への弾圧という観点など、多くの観点から考えなければならない、今なお重要な事件です。

大逆事件から101年目となる今年は、「大逆事件と誤った処刑」と題して院内集会を開催し、引き続き、大逆事件の意味、その今日的な問題を皆さんと共有する会としたいと思います。ぜひ、ご参加ください。



日時:2012年1月24日(火)12:00~13:30

場所:参議院議員会館講堂

講演
鎌田 慧(ルポルタージュ作家)「政治裁判を問う」
田中 伸尚(ノンフィクション作家)「過去の声にどう応えるか」
大岩川 嫩(「大逆事件の真実をあきらかにする会」世話人)「大逆事件101年目の真実」

リレートークもあります!

■問い合わせ:福島みずほ事務所(TEL:03-6550-1111)


MENU